2007年01月13日

腰リールメモの代用

lh_r.jpg

デルフォニックスのロルバーンS+二重リング付ストラップパーツ(2個で50円だった)+SLIP-ONのSIERRA ボールペン+70〜80cmのボールチェーン
ここ半年くらい、この形で落ち着いている。
大体2週間〜1ヶ月で一冊使い切る形。

左前のベルトループにボールチェーンを輪のまま通して、左の後ろポケットに突っ込んでいる。

短所はいちいちポケットに戻さなければならないところ。
長所はチェーンがフリーなので机に置いて書けるところ、
ボールペンだけを簡単に抜き取れるところ。(クリップがきつい場合は少し緩める必要あり)

lh_r2.jpg
右上の角を折って一発で開けるようにしている。100円ノートの超メモ術を合わせたような感じ。ただし蓄積を考えていない単純なメモなので、単なる時系列でインデックスはつけていない。(蓄積はモールスキンの担当)

ボールチェーンは何かの修理用にたまたま購入していたのをそのまま流用。普通の鎖に比べて引っかかりにくい模様。ボールチェーンジョイントの取り外しはしないので、ペンチで両側を締めて外れないようにしている。
最近100円ショップで、やはりボールチェーンタイプの取り外しジョイント付ウォレットチェーン(ネックストラップかもしれない)を見かけたので、今度試してみようと思う。


###
随分昔、リール(という名前は知らなかったけれど)を持ち歩いていたことがある。近所の文具屋で扱っていた、銀色のそっけないものだった。
同じ銀色のキーホルダーの輪っかだけをつけて、指をひっかけて引っ張り出しては遊ぶのが癖になっていた。いくら引っ張っても戻るのが面白くてしょっちゅうジャラジャラやっていたら、そのうち壊れて戻らなくなった。ネジを外して直そうとしても、中の板バネが強すぎてうまく引っ張れず断念。たしか小学生くらいのころだったと思う。

最近のはテグスのような透明コードだったり、編んだような金属紐になっていたりして、随分使いやすそうだ。当時のは鎖がねじれてよく引っかかっていたけれど、カバーされているならそういう問題はないんだろうな。
posted by spiro at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | LifeHack?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。